名刺作成は素材や加工にこだわる!最新の技術などを紹介

名刺

プライベートとビジネス用の名刺を作成する

名刺を渡している人

自己紹介がうまくできない、そんな人は自分をアピールする名刺を制作しましょう。制作する際、ビジネスとプライベート用を分けるのがベタです。ビジネス用はどんな会社なのか、会社で自分がどんな仕事を担当しているのかを入れましょう。
プライベート用はオリジナリティーがポイントです。普通ではつまらないので、華やかで美しいデザイン、ユーモアを交えたデザインで自分らしさを表現すると良いでしょう。また、素材は紙にこだわる必要はありません。プラスチックやファブリックなど、受けとる人をビックリさせる素材で制作しましょう。プラスチックはそれほど費用もかからず、防水性に優れているのが特徴です。ラメやネオンカラーのライン、光る技術を取り入れて制作しましょう。
ファブリックは、プリントのほかに刺繍を入れる方法もあります。制作費用はプリントよりも高くなりますが、高級感が出るのがメリットです。ファブリックは花やストライプ、ドットなどさまざまな柄があるのでオリジナリティーのあるデザインをセレクトしましょう。名刺ケースに入れることを考えて制作することも大切です。素晴らしいデザインを制作したがケースに入らない、そんなことがないように気をつけましょう。

CONTENTS

男性

名刺で人柄が見える世の中

人脈を確実に築いていくには、経営者もしくは社長自らが出向いて自己アピールをする必要があります。名刺作成はデザインにおけるコンセプトから発案していくことが重…

»more

名刺交換

名刺作成と全体のバランス

名刺の完成度を左右するのが、文字のバランスです。特に、文字揃えは、名刺の印象を大きく変えるポイントとなります。揃え方には、左側に合わせる左揃え、右…

»more

名刺を渡している人

プライベートとビジネス用の名刺を作成する

自己紹介がうまくできない、そんな人は自分をアピールする名刺を制作しましょう。制作する際、ビジネスとプライベート用を分けるのがベタです。ビジネス用はどんな会…

»more

TOP